オンライン英会話でTOEIC対策は可能?

勉強

TOIECとは

TOEICとは満点が990点で、英語でのビジネスの場や日常生活の会話や文章でのやり取りといった英語力がどれくらいかを判断できるテストです。また、TOEICにはさまざまな種類があり、それぞれ測ることの出来る能力が異なります。現在、日本ではTOEIC Listening & Reading(TOEIC L&Rと表させることが多い)が主流となっており、リスニング能力とリーディング能力を測ることが出来ます。試験時期ですが、年に10回開かれますので、いつでも受けやすくなっています。このTOEICは日本だけでなく世界中の人々と相対的に比較することができ、企業からTOEICのスコアを求められることも多いです。

TOEICで高得点を取ることのメリット

 ここではTOEICで高得点を取るメリットをご紹介します。TOEICでの高得点は簡単に取ることが出来ませんので、勉強のモチベーションを保つのは中々難しいです。ですので、これらのメリットを知ることはTOEICの勉強に対してのモチベーションをあげることにも繋がりますので、ぜひ参考にしましょう。

就職で有利になる

現在、就職する際には企業側からTOEICのスコアを求められることが多くなっています。外資系の企業になると、TOEICのスコアが最低でも700点以上必要とされています。そういった中で、十分なTOEICのスコアを持っていないと自分の志望している企業に就職するどころか、早い段階で落とされてしまいます。企業側からするとTOEICのスコアというのは、多くの就活生を判断する、目安に過ぎません。ですので、TOEICのスコアがあるのは企業側にとって前提条件になっています。そういった状況の中で、TOEICのスコアが高得点であれば、この人は努力してきている人だ、と企業側に思わせることが出来ますので早い段階で他の就活生と差を付けることができ、就職活動を有利に進められます。

人からの見え方が変わる

TOEICは日本でもっとも知名度の高い英語試験となっており、ほとんどの人が一度は受験したと思います。特に若い世代では大学入学が決まるとすぐに受けさせられたり、就職する時にTOEICの勉強をしたりとTOEICが身近になっています。そして多くの人がTOEICの難しさに苦労した経験があります。ですので、TOEICのスコアが高いと、この人はきちんと勉強をしてきた、と思ってもらえる可能性が高いです。日本人は英語が苦手な方が多いので、TOEICのスコアが高いというだけで、英語が出来ると思われて、仕事の幅を広げることも出来ます。

自分の自信になる

TOEICでの高いスコアはそう簡単に取れるものではありません。国際的な英語の試験ですので、高得点を取るのが難しいです。ですので、継続的な勉強が必要ですし、社会人の方であれば仕事しながらの勉強となるので心身ともに大変です。これらの壁を乗り越え、自分の目標としているスコアを取れた場合には大きな達成感を感じ、自分の大きな自信に繋がります。これらの自信はTOEIC以外にも言えることが出来ます。また、日本人のTOEICの平均スコアは約530点であり、他の国に比べると高いスコアではありません。ですので、高いスコアであれば、他の人と比べた時の自信にも繋がります。

昇進や給料に影響する

TOEICのスコアが高いということは、それだけの英語の能力があることを示しています。英語力があれば、自分の仕事の幅も広げることが出来ますし、会社にとってもビジネスのチャンスが広がります。特に海外を相手にする企業であれば、英語力は高いに越したことはありません。ですので、英語力が昇進や給料に影響するのは当然の流れだと思えます。また、TOEICのスコアは他人との差がはっきりと分かりますので、昇進などの判断に使われてもおかしくありません。ですので、TOEICのスコアを持っていない人であればぜひTOEICに挑戦してみましょう。

オンライン英会話はTOEIC対策になる?

結論から言えば、オンライン英会話はTOEIC対策になります。TOEICには様々な種類がありますが、多くの人が受験しているのはTOEIC L&Rというもので、リスニングとリーディングの能力を測るものです。オンライン英会話では、リスニング能力とリーディング能力のうち、特にリスニングの能力を鍛えることが出来ます。ですので、オンライン英会話はTOEIC対策になると言えます。ただそこには注意するポイントがありますので、いくつかのポイントを以下でご紹介します。

最低限の英語力が必要

オンライン英会話を最大限に活かすためには最低限の英語力が必要です。オンライン英会話では、英会話がメインとなるので最低限の英語力がないと授業がなかなか進みません。そうなってしまっては効率が悪いですし、身につくものも身につかなくなってしまいます。基礎的な英語力は一人でも身につけることが出来ますので、オンライン英会話では、講師とのやり取りを通して自分の分からないところを見つけるようにしましょう。

リスニング対策になる

講師からの生きている英語を聞くことが出来るので、リスニング対策としてオンライン英会話は役立ちます。会話は相手の話を聞いて自分の思ったことを話すので、より集中してリスニングすることになります。ですので、CDやYouTubeなどの無機質な英語を聞くよりも、かなりリスニング力が鍛えられます。また、TOEICのリスニングは勉強した分だけ点数が上がりやすいと言われているので、しっかり勉強すればTOEIC全体の点数をあげることが出来ます。リスニングが苦手な方にはぜひオンライン英会話での学習をおすすめします。ただ逆に言うとリスニングが得意な方には、TOEICの勉強という観点から見ると、それほど効果がない可能性もあります。オンライン英会話の内容にもよりますが、多くは会話メインとなっているので、TOEICのスコアを伸ばすのであればわざわざ得意なことをやる必要はありません。

オンライン英会話+の勉強が大事

オンライン英会話だけではTOEICの高得点は難しいです。あくまでもTOEICはテストですので、どのような形式の問題が出るのかはある程度決まっています。ですので、オンライン英会話だけの学習ではなく、TOEICの特化した学習が必要です。書店に置かれている参考書などを用いて問題形式に慣れる、などTOEIC独自の勉強はたくさんあります。必要に応じて自分の学習に取り入れていきましょう。また、オンライン英会話だけによらず、たくさんの英語の勉強法がありますので、自分に合うものを探してみるのも良いと思います。

TOEICはオンラインで受けられる

TOEICには個人で申し込む公開テストと、学校や会社などの団体で申し込むIPテストの2種類があります。公開テストでは、会場に出向いて2時間の試験がありますが、IPテストではオンラインで1時間の試験となります。また、公開テストでは結果通知に2週間以上かかりますが、IPテストではオンラインでのテスト終了後すぐに点数を知ることが出来ます。TOEICを受ける時間の余裕が無い方にはオンラインで受けることが出来るTOEICを受験することをおすすめします。

まとめ

オンライン英会話ではTOEIC対策は可能となっています。特にリスニング力が足りないと感じる人であれば、オンライン英会話はよりおすすめできます。ただ、オンライン英会話だけではTOEICの対策としては不十分ですので、オンライン英会話の他にTOEICの対策を各自で行いましょう。そして自分の得意・不得意をしっかりと認識し、それに合わせた勉強が必要となります。オンライン英会話と他の勉強を組み合わせて効率よく勉強しましょう。またオンライン英会話はTOEICの勉強以外にも、さまざまなメリットがあるので気になっている人は申し込んでみましょう。