オンライン英会話を習慣化させる

ノート

別の項目でも紹介しましたが、オンライン英会話の注意点としてモチベーションがあります。
英会話教室ではなく自宅で一人で勉強するということは、人によっては休みたいという気持ちが強くなり、モチベーションの低下につながるのです。
ここでは、そんなモチベーション維持の方法について紹介しましょう。

やる気も根気も当てにしてはだめ

大前提として、やる気や根気、目標立てなどを当てにしてはいけないということを前もって知っておきましょう。
やる気や根気は、よほどの強い意志がないと維持が困難ですし、目標を建ててもモチベーションが下がればそんな目標も無視してしまうからです。
人というのは、基本的に楽な方へと移動する心理を持っています。
そんな精神にブレーキをかける役割がいわゆるノルマなのですが、これは本人ではなく他社が定めたものだからこそ効果があります。
ではどうすればよいのかというと、オンライン英会話を歯磨きやお風呂と同じように習慣化させる必要があります。

習慣化は日常のシステムに組み込むこと

人はお風呂に入らなくても生きていけますし、歯磨きをしなくてもぐっすり眠ることができます。
しかし、それでも人はお風呂に入りますし、歯磨きをします。
これは、どちらも日常という名のシステムに組み込まれているからです。
つまり、オンライン英会話も日常の中に組み込ませることでモチベーションは一切関係なく自然と体が勉強するようになるのです。
具体的な組み込ませ方として、寝室にオンライン英会話用の器具と布団以外を一切置家内という手段があります。
この手段によって、寝る以外のことが何もできなくなるためオンライン英会話を日常に組み込ませやすくなります。