オンライン英会話で話すことの意味とは。オンライン英会話と学校の授業では何が違うのか

楽しそうな子供

オンライン英会話や英会話教室で勉強することで、人によっては一年かそこらで大幅に英会話力が向上します。

そこで気になるのが、学校の英語の授業です。

多くの場合、人は義務教育だけでも3年、高校、大学も含めたら10年とかなりの時間を咲いて英語に触れているのになぜ英会話が苦手な人が多いのでしょうか。

その理由は、英会話そのものの少なさが関係します。

英会話の授業に割かれる時間は極端に少ない

学校での英語の授業を思い浮かべると、その殆どが文法の授業に割かれていなかったでしょうか。

また、英会話の授業はあっても二言三言の会話だけで終わることがほとんどだったのではないでしょうか。

これは、学校の英語の授業は試験対策を重視している他、クラスの人数の多さが関係しています。

学校では英会話よりも試験対策に重きをおいているため、英会話の時間はそれほど多く取ることができません。

また、英会話の授業はあっても大量にクラスメートがいる場合、一人ひとりに教える場合、一人あたりの時間の割合が極端に短くなるのです。

近年ではそういった問題に対して英会話の時間を増やしているところもあるようですが、それでもやはり時間が圧倒的に少ないのは事実です。

英会話教室では濃密な英会話が楽しめる

それに対し、英会話教室やオンライン英会話の授業では、ほぼ英会話がメインの授業をおよそ一時間行います。

しかも、この授業は試験対策ではなく会話のマスターが目的なので、学校の授業よりも遥かに濃密な英会話のレッスンを受けられます。

また、少人数もしくはマンツーマンなので、一人あたりに使用できる時間も多いので学校の授業よりもより英会話の練習ができるのです。

なお、学校での授業は文法や単語といった基礎的なことが学べるため、決して無意味ではないということも知っておきましょう。