オンライン英会話にはデメリットも?

男性

オンライン英会話はメリットが多くありますが、デメリットもないわけではありません。
オンライン英会話を申し込む前に、デメリットについてもある程度学んでおきましょう。
ここでは、オンライン英会話のデメリットについてもご紹介します。

サポート力ではやや劣る

オンライン英会話は、会員登録からレッスン申し込み・レッスン予約といったものまで、ほとんどがネットで完結しています。
電話で申し込むことも、問い合わせをすることもほとんどありません。
そのため、英会話教室や英会話スクールのように、受付や講師の人と直接やり取りをして、疑問や不満を解消するようなことはできません。
基本的には、メールなどを使って問い合わせに対応される、という形であり、サポートをアテにすることはあまりできないのです。

日本語ができる講師は少なめ

また、日本語が堪能な講師はあまり揃っていないこともデメリットです。
英会話にまったく馴染みがない場合、日本語ができる講師だと初心者にとって安心ですが、そうでない場合には、もしかしたら自分が伝えたいこと1つ伝えるにも、苦労を強いられるかもしれません。
英会話に使うテキストなどは事前にダウンロードして無料で使える、というところが多く、それには日本語も添えられている事が多いので、どんな場面でどんな発音をどんな風に言えば良いか、というようなことはわかるかもしれませんが、
さすがに教えることに慣れている講師が多いので、このような極端なことはありませんが、「今の発音が聞き取れなかったのでもう一度お願いします」が通じないだけで、レッスンが止まってしまうことになると、面倒ですよね。

基本はマン・ツー・マン

オンライン英会話の基本は、マン・ツー・マンでのレッスンになります。
そうなると、一対一で対面している状況には強くなれますが、多人数と話している場合を想定できない、大人数の前で立って話す感覚が掴めない、といった、教える状況次第では、対応できないものも出てきます。
オンライン英会話だけでカバーできない部分は、一度、大人数でのレッスンができる英会話教室や英会話スクールに通うことでカバーするなどの工夫が必要でしょう。